<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 29日

被災地のこどもたちへ!

3月27日(日)の朝日新聞に《ランドセルを被災地に送ろう》という記事が掲載されていました。

~以下抜粋記事~

被災した子供たちにランドセルを贈るため、大手ランドセルメーカーの
協和(東京都)が、使い終わったランドセルの寄付を呼び掛けている。
同社からは新品3000個に加えて、新2~6年生向けに金具や革を修理して贈る。
他のメーカー製も扱うが、黒・紺・赤・ピンクに限っており
損傷の程度によっては受け付けられない場合もあるとのこと。

b0154675_17202595.jpg



小学校を卒業したのはもう4年も前だし、中古品を押しつけることになっては
かえって迷惑になってしまうかも・・・と躊躇したのですが
メーカーさんのHPによると、きちんとメンテナンスをして綺麗な状態で必要とされる場所・人に贈られるとのこと
念のため数枚の写真を添付して問い合わせをし、了承を得てその日のうちに贈ることができました。

革のクリームで全体を磨き、娘はこのランドセルを使ってくれるであろう東北の小学生に
心を込めて手紙を書き同封しました。(残念ながらランドセル以外の物資は手紙のみの受付だそうです)
今この時期にランドセルが必要なのか?賛否両論有ると思いますが
画面で見た泥水と瓦礫の中からランドセルを必死でさがす子供たちの姿が忘れられなかったので
少しでもお役にたてれば嬉しく思います。

※27日には直接送付できるように住所も記載されていたHPでしたが
  29日現在、メーカー工場の受け入れが追いついていないようです。
  お手元にランドセルがある方は、商品情報を受け付けてもらえるようですので
  FAXかメールで連絡し、今は一旦発送を待機して欲しいと書かれています。
  ただし、大まかに見積もっても5万個以上の(!!)ランドセルが必要なようですので
  工場の受け入れ態勢や、流通の環境(まずは救援物資の緊急輸送が第一ですものね)
  このあたりの課題が解決されることを願いつつ、その間にたくさんのランドセルが集まりますように!
 

  詳しくは協和さんのHPへ・・・・
 
  

by como-color | 2011-03-29 17:11 | 日々いろいろ
2011年 03月 18日

1週間がたちました


  東北関東大震災に被災された皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。


  ちょうど3か月前に初めて観光で訪れた東北地方
  あんなに穏やかだった美しい海が
  すべてをのみ込んでしまったこと
  信じられませんが、それが自然の脅威であるという悲しすぎる事実
  
  大切な命がたくさん失われ
  被害の大きさと全容が明らかになるにつれ
  ますます言葉を失っていきます。
  あらためてご冥福をお祈りいたします。

  まだ安否のわからないご家族やご友人を抱えていらっしゃるかたも
  悲しみを共有することしかできない自分の無力さに胸がつぶされそうな思いです。

  そして今こうしている間にも
  被災地で救助に奔走している方、命をかけて原発の最前線で戦っている方がいらっしゃいます。
  心より感謝と、そしてご無事を祈りたいと思います。
  

  1週間が経過して、小さなちからの集まりがいかに大きなパワーをもたらすのか
  日本人の底力が発揮されています。
  ひとりひとりが今やるべきこと、出来ることを必死で模索しながら・・・
  被災者の方々が希望を持って前へ進めるように

  私達に求められている冷静な判断と行動
  そして被災者の方々に心を寄せながら支援ができる方法を実行していきたいと思います。
  (自治体によって救援物資の受け付けにはばらつきがあるようですので
   メディアでも言われているよう、今は義援金の送金が一番のようですね!)

  娘もクラスの仲間と生徒会にかけ合って
  日本赤十字社とタイアップした募金活動を校内で始めたようです。
  (手作りの募金箱に胸が熱くなりました)

  短い時間でブログを書いている間にも小さな余震がやってきています。
  
  まだまだ不安な日々は続きますが、顔を上げて笑顔で過ごそうと思います!!
  
  
  
  
  
 
  

by como-color | 2011-03-18 14:07 | 日々いろいろ